Facebook Twitter Gplus RSS
Home 北欧雑貨 北欧インテリア、北欧雑貨のアーティスト達
formats

北欧インテリア、北欧雑貨のアーティスト達

ルマーアンナンパ囗〈・(∃a Annanpalo)

北欧のフィンランドーロヴァニェミ に育つ。ジュエリー、ストーンワークの技術を学んだ後、広くデザインを学び、木材を素材としたデザイン活動を開始。その一方で展覧会の空間デザインなどもこなす。現在はSTUDIOIRMA ANNANPA」Oから入O巨Oという木製キッチン雑貨のオリジナルブランドを販売。制作は自宅に併設された工房で、自らが厳選した素材で北欧雑貨なども作ってっている。

 

イルマリータピオヴァラ

Illmari。(apiovaara)

1914年生まれ。北欧のフィンランドを代表するデザイナー。イギリスで古典、スウェーデンで北欧のアイデンティティを学び、近代デザインを学ぶためにパリのコルビジェ事務所でも慟くという経歴をもつ。こうして得られた知識は、一般市民が広く使うことができる量産家具、北欧雑貨の開発に役立てられた。1999年逝去。

 

イングヴァルーカンプラード

《ingva(Kamprad)

1926年北欧のスウェーデン生まれ。IKEA創業者。子どもの頃から販売に興味をもち、当初はマッチ売り、その後、魚、クリスマス飾り、ボールペンなどの北欧雑貨販売も手掛けるようになる。1943年、17歳のときに父親からプレゼントされた資金を元にIKEAを設立。1947より家具販売に注力。ちなみにIKEAという社名は、最初のIとKがカンプラード氏自身のイニシャル、後半のEとAは彼が生まれ育つ・た実家の農場(エルムタリッド= blmtary已と、その農場のあった北欧の村(アグナリッドAgnnaryd)の名前の頭文字を取ったもの。

イングマールーレリング

〈一コgmar Reling)

1920年北欧ノルウェー生まれ。

16歳でヴェストランスケーモブ ラーに弟子入りして家具づくりを学ぶが、のちに修行を中断、オスロの学校に学ぶ。卒業後は兄の友人であるロルフーロースタッドとともにロースタッド&レリングというスタジオを設立、数々のインテリアデザインを手掛けた。その後1960年代に故郷のスキルベンに戻り、ヴェストランスケーモブラーで家具づくりや北欧雑貨づくりを続けた。作品のほとんどはノックダウン式の組立椅子だったが、これは運搬方法が船に限定されるフィヨルド地方で運搬コストを低く抑える(運賃はパッケージの大きさで決められていた)ためだったといわれている。代表作にシェスタ(1965年)などがある。

2002年逝去。

コメントは受け付けていません。.